音楽と英語とアレ

洋楽や英語のきになること

Dirty Projectors ライブ映像

2017年のアルバムDirty Projectorsの余波もだんだん落ち着いてきて、各自落ち着いてアルバムの評価もしているであろうこのごろ、いかがお過ごしですか。

 

ほんのすこしだけ期待していた来日もなさそうで、さみしい思いをしております。

 

ということで今日はライブ映像を紹介していきます。

(割と音のクオリティのいいorテンションのあがるものを)

 

まずは2013年のBonnaroo フルセット。

まだアンバーがいたバンド形態の頃ですね。

この頃が好きな方もたくさんいるかと思います。

 

動画はBeautiful Motherから。この曲はビョークとのコラボアルバム収録。

きっとダーティーに明るくないお客さんにもわかりやすく

盛り上がってます。

次のDance For Youの手拍子をずっとさせられるサポートメンバーは気の毒ですが、

すてきな歌声です。

35:52 See what she's seeingでは「女の子は肩車してあげてくれよな!」と女性への気づかいをみせます。

55:57 からのUseful Chamberのサビはもうちょっとためずにやってくれてもいいんだよ!?と思いますが。バンドものった演奏で全編たのしめます。

youtu.be

 

個人的にすきな映像。フジロック2010年の演奏。

Imagine Itです。アンバーのハイトーンコーラスがキマってます。

 

youtu.be

 

2012年 Pitchfork Festivalもいい感じです。ちょっとプチプチノイズはいりますが。

youtu.be

 

デイブがミネソタ大学で音楽授業をした時の映像。

Temecula Sunriseです。たぶんギターの関係でキーが低いで、やさしいバージョン。

youtu.be

 

こんなにギターがすてきなのにあんまり弾かない、ニューアルバム。

ファンの反応もさまざまでしたね。

Cool Your Heartとかもっともっとバズると思っていました。

でもいいんです、自分が好きならば。そう信じていたいです。

でも日本にくるぐらいの人気はずっと保ってほしいです。はい。

そこはHostessさんを信じてます。

 

2013年Hostess Club Weekenderの映像

youtu.be

 

 

2017年のDirty Projectorsの新体制ライブはあんまりやらなさそうです。

(DaveのInstagramによる)

 

見られないわれわれは7月のPitchfork Music Festivalの映像を楽しみしましょう。