音楽と英語とアレ

洋楽や英語のきになること

読むだけで頭に入るボキャビル本

語彙を増やしたい時、さまざまなアプローチがあります。

 

今回は移動中、休憩中、短時間でも取り組みやすい、読むタイプの語彙強化本を紹介します。語源で覚える種類のものです。

 

語源とは?

英単語の多くは、ラテン語など昔の言語とくっついて出来ています。

 

一例をあげて説明します。

 

sensor(意味:センサー(感じる物)

は sensとor がくっついています。

SENSは元々ラテン語で”感じる”の意味です。これが語源です。

 

同様に、

sensitive  (意味:感じやすい)

はsens と itive がくっついています。

 

こんな風に関連付けて覚えられるので、記憶に定着しやすいです。

漢字でいう、へんとつくりに似ています。

焼の火へんのように。火を知っていたら、新たな単語でも推測できますよね。 

 

Merriam-Webster's Vocabulary Builder

Amazon.co.jp: Merriam-Webster's Vocabulary Builder: Mary W. Cornog: 洋書

 

特徴:

3500語以上紹介

自然な英文

語源関連の読み物タイプ

間にミニクイズとテスト

単語例 benediction,affidavit,dichotomy,acropolis,technophobe...

 

歴史的、文化的な題材が多く読んでいて退屈しません。ひとつひとつが簡潔なので、短い時間にすこしづつ読み進めるのに向いています。ペーパーバックで大きくないのでカバンにもすっぽり。

 

Merriam-Websterは出版社であり、辞書もiPhoneアプリで実用的でよく使っています。ふと名前を見ることが多い会社です。